忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/17

天網恢恢疎にして漏らさず




『デス プルーフin グラインドハウス』
/ 2007





世の東西を問わず、カーキチはインポで短小。


そんなイメージを全身全霊で体現する、
日中の駐車がヘヴィーにキツそうな真っ黒な塗装にドクロのペイント、
オリジナルの飾りをあしらった、痛車に乗る40代男性殺人鬼の
セックス代替行為の殺人行為を、処断されるまでつづった物語。


早い話が、洋風時代劇・血飛沫BANG☆BANG 
           ~月に替わって致死置きYO 編~


いやぁ~見事なまでのエッジーなB級映画。


ビッチロリンなおねぇちゃん、バカなチンポコリン男、
そしてドッキリンチョなベタびっくり!


殺すシーンありきな、ストーリーもへったくれもない、
AVのような強引で短絡的な展開に、
説明調の台詞、ヤリッパの伏線、出たこと勝負なキャラ、


もう、しゅてき・・・///


あのアメリケン・タフガイ・ヒーローだったカートラッセルを
悲しき変態ED連続殺人者 スタントマン=マイクに仕上げたその手腕!
グッジョーーッブ!!


そして、見事ハァハァして、イヒヒヒヒッッ、ひぃぃぃっひぃっ!と
吹っ飛んだ演技をみせたスタントマン=マイク、
いやカートにクラッピョーヘン!


いやぁ、あのもっさり感。 アレはなかなか出せねぇよ!




デス・プルーフ 耐死仕様だゼ☆と誇らしげに自慢する愛車で、
肉体労働者好みのエロ小説もどきの台詞を吐き散らして追い回し、
ぶつけてブツケテ、コスリ行為とする倒錯的ファック、いやオナニーで、
イクゼ!ってな連続殺人事故を繰り返してるスタントマン=もっさり=マイク。


デス・プルーフ スタントマンマイクと愛車


美脚好み、女性グループ好みのもっさりは
テキサスで大胆オナニーを成功させご機嫌☆


だが、事件の真相を直感で理解する神の目を持つ警官親父と
ホモの劣情をあおる、白Tに透けチクビといういでたちの息子警官の
ペアのメッシュカウボーイハットに恐れをなし、
次の舞台はテネシーへと移動。


スタントマン=マイクの今日のいただきマス☆


だが次にもっさりが目を、いや唾をつけた獲物のはずのガール達は
とんでもないタフガール、マッケンローガールズだった!


憧れのマッチョカーでスタントライド、
ジャッキー乗りを楽しむガールズの試乗車に
例のごとく改造痛車で突っ込むもっさり。


急襲をうけたガールズは当初追い込まれるものの、
調子にノッて油断コイたもっさりに銃弾をぶち込み、
体勢を立て直し、一転 狩る者 へ!


てめぇ~クソがなめやがって!マジ殺す!と
マジもんヤンキーがアメ車にハコ乗り、鉄パイプと
日本の伝統的 族 スタイルで追撃開始!


キレまくるガールズ!


ワンワン泣いて、ヒーヒーゆって逃げ惑うもっさり、
でもドラテクだけはバッチリのもっさり、を追い掛け回し、


「オルァ、ケツふってんのか?突っ込んでほしいのか?
この淫乱がー、まだ欲しいのかーっ?」


と、ガチムチまっちょの熊系Sホモのような台詞で
試乗車をぶつけまくる!鉄パイプで叩きまくる!


デスプルーフのハズが、愛車の痛車から転げ落ちたもっさり、
泣きをいれ、許しを請うも、許される訳がなく私刑!
ガールズ3人に撲殺されるというMにはタマラン最後を迎える。


美脚に目をつけ、ハァハァし、
今際のキワに拝んだものも、美脚っつー
ある意味幸せな死を迎えた粗チン野郎・もっさり。


もっさりの急襲でビビッタガールズ。


だけど、1番ドキドキでピンチなのは、
農場で試乗待ちのリーだぜ!






多分、あっちはあっちで、テキサスチェーンソーがオキテルヨ・カ・ン☆




まったく、とんでもないワンダフル具合だゼ☆




PR

2007/09/23 映画 Trackback(1) Comment(6)

トマソン





planeofthedead.jpg「プラネット オブ ザ デッド」 




『プラネット オブ ザ デッド』/ アメリカ






・・・・・・???あ、そうなんですか。 はぁ・・・。



困惑の海に叩き込まれ、
鼻汁がボヘッと飛び出る級のトンでも映画。



生物兵器?かなんかをブチマケタ、
とりあえず世界大戦後の地球が舞台で、
その兵器の影響で人間はゾンビに!
そしてそのゾンビと無事な人間とで地球の取り合いに!




っつー話だった。出だしは。確かに。


だけど、終わってみたら・・・・


すごい!全く何の話かわからない!
ホントに!比喩でなく、大げさでなく!
っつーかゾンビ関係ない・・・。
つかプラネットも関係ない・・・。
つか、存在の意味がわからない・・・。




大破、もういっそ清々しいぐらいに木っ端微塵なったストーリー。
そして、っどーっしようもない!
スチュワーデス物語の堀ちえみとタイマンはれる程のザル役者!

だってゾンビに石投げられて、それがおでこにぶつかったにも関わらず
右目おさえて視界不明瞭にして、襲われてるからね! 



ちょっ、まっ・・・・ぅえっ?
ってかゾンビが、投石って! 
いやいーよ、斬新だよその攻撃! 光ってると思うよ? でもさ!


っつかこのゾンビら、若干、知能あるんだよね。
ホントなくていい!っつかないほうがマシってなぐらいの
若干ぶりなんだけどさ。 逆に足引っ張ってるかなってぐらいの
そんなささやかな知能ぶりだけどさ。


そして、話の筋に全くと言っていいほど必要性ないんだけどさ。



・・・・ホントね、CGが安っぽいっつか、
今時お目にかかれないぐらい手抜きとか、
思わせぶりなシーンがホントそれだけ。とか、



通常の映画ならダメージな部分が基準っつー
混乱に次ぐ混乱なダメ映画。






確かにね、B級の、タイトルからプンプンする
超ド級のB級の刺激を求めてた、アタイ。


でもね、それの遥か3千里斜め後ろだとは思わなかった。
全く通じないとは思ってなかった!
これじゃ違う星の話だよっ!って、・・・・はっ!


だから?だからこその「プラネット オブ ザ デッド」!



そう、これは違う惑星のお話なのです。






ゾンビだって、結婚とかしたいんだゾ☆
知ってた?



2007/09/02 映画 Trackback(0) Comment(8)

アバンギャルドでイこう☆







ヒットマン 殺手之王 / ジェット・リー 「ヒットマン」






 『ヒットマン』 



  / 香港
















イメージってさ、すごいよね。
とりあえず、思っちゃったらなんとなくそんな気がして、
正誤は別に、あたかもそれが正しい気がしてくるからさー。


そんな大陸民の、未だ根強い、「日本」のイメージが
色濃く打ち出されてる、まぁよくある感じの受け止められ方をした、


当然の如く、その間違った認識の元に、
日本人憎し!の悪人・日本人キャラを配し、
相変わらずのざっくばらんなストーリーを構築した


鼻毛36cmみたいな、根源的におかしいトんでも話。





大陸の田舎から上京、金持ちになって母親に家を建てるんだ☆
という、親孝行をしようと、ヒットマン、そう暗殺者になる事を目指す
気のいい、垢抜けない、貧乏兄ちゃんのエリック(ジェット・リー)



おーい!出だし!出だしから間違ってるぜー!
おまっ、何目指してんのよ!


という疑問をよそに、極悪日本人のやくざの親分が
命の危険を感じてて、保険として掛けといた、


「俺が殺されたら、その犯人を殺したやつに1億!」基金。


案の定、おやびんは殺され、親分基金争奪戦へ! 
いったい犯人は誰だ?!とベタに話は展開。


なはずが!



そう簡単には問屋がおろさねぇ!とばかりに
香港スタイルの演出が炸裂!



まず、出てくる日本人、いや役柄とかじゃなくて(今更だし)
役者が半端なくヒドイ。 目を覆わんばかりに大根!
台詞とかね、まず、TVとかではお目にかかれないぐらいの棒読み!


おじいさんのかたきはおれがきっととるー


とかね、何、おまえ腹とか痛いの?ってなぐらい心ここにあらず。
しかも全員!・・・ないないない、それはちょっとないでしょ。



と開けた口を閉める間もなく、波状攻撃!


いちーっ!インテリア~っ。もう何式かわかんねぇ!


段差のあるフロアの畳間に、なぜか農家風の囲炉裏!
その部屋でエリを抜きに抜いた、
遊女風、いやズベタ風の女といちゃこらしてんだけどー。


周囲にめぐらせてるのは防弾ガラス!


でも、出入り口はドア!




どんだけ???どんだけミクスチャー?




そして度肝を抜かれたアートの数々!



富士山の水彩画に「君が代」の文字入り絵画!
WOW☆ ディープインパクト!
思いつかなかった!きっと右翼だって思いつかなかった!


極めつけがフスマ状のでっかいパネル!
平安絵巻調にしつらえてあるのかと思いきや
なぜか、戦国武将が混じってる! ゴシカァーン!


おかしい!おかしいよ!
蹴鞠してる烏帽子の公達の横に、教科書の挿絵まんまの武将が!!!


斬新! まさに時代をぶち抜いた前衛アート!
かなり本気でトキメイたコラージュ! しかもでかい!



やっぱね、自国のね、文化とか特徴とか常識って
どっぷり漬かって生活してると
何がそうなのかって、気づきにくいってか、
凝り固まっちゃうってゆーか・・・固定観念がっつーか・・・




いやいやいや、ブレイクスルーって大事ね。





ジェット・リー、いやリー・リンチェイの体技は
相変わらず冴えてて格好よかったんだけど、
フラッシュバックのように頭をよぎるのは斬新な前衛アートばかり



いや、マジ欲しい。あれ。





半端ないカッキーから! 必見!!






2007/08/30 映画 Trackback(0) Comment(0)

七転八起






murderball.jpg 「マーダーボール」



 『マーダーボール』  / アメリカ・ドキュメンタリー




身体障害者で車椅子行動の人たちの
車椅子ラグビーを扱ったドキュメンタリー。


車椅子ラグビー、別名・マーダーボール


事故、病気なんかで重症を負い、
車椅子生活を余儀なくされた人たちが
戦闘仕様にカスタマイズされた車椅子にのり、
ガンガンぶつかり、バンバン転び、タッチダウンを決める
そんなおいおーい!なハードでレッドラムなゲーム。



ただでさえ不便なのに
「あぁ、みんな首の骨折ってるヨ。ニューボルト入ってマス。」
ってな勢いでヤブレカブレな匂いが漂うほど、ブチ突っ込みまくる
その強気スタイルの凄い事!
 アレだよね。狩猟民族の血だよね〜。



だって、ケンカしてバンガローの2階からぶん投げられて
四肢麻痺になってんのに、まぁだ!っつかより強気で
殺人ボールに勤しむんだからホント、性格まんまってか。感心。



USAチームのメンバー個人の背景を織り交ぜ、
その性交渉スタイルにまで話は及び、
日常生活や、周囲の人間、チーム、そしてパラリンピックと
事実なドラマにうまぁく、熱く仕上がってるのが見事!
そして、へっ?!な予想外の金メダルチームがノンフィクション!



障害者だってこんなにがんばって生きてる!
とかサライがバックに流して陳腐なお遊戯で募金を募るような
やっすいヒューマニズムに訴えるお寒い内容じゃなく、



障害者をガラス細工のように扱うな!
ってキレてる、ちょっと人より不便なだけの人達のラガーマンの話。



だって、実際、ナンパもすりゃ、自活も喧嘩もしてて、努力もしてるし、
身体は鍛えてるから丈夫だし、結構、女はよってくるしで、
そこらへんの人糞製造機と化してる人間より、よっぽど強いしね。



つったって男サイドだけの話なんだけどね。所詮。



まーパラリンピックとか障害者スポーツ、
ましてやあんな激しいマーダーボールなんて
日本では到底思いつきそうにないよなー。



コレしかり、障害者プロレスしかり(←コレも色んな意味でスゲェ)
欠如を自覚して武器にするまでに精神を高めた人達は強いわ。





飲酒運転はダメ! 絶対!!


2007/07/20 映画 Trackback(0) Comment(2)

激辛酸





「ハードキャンディ」 「ハードキャンディ」




『ハードキャンディ』  / 2007





ロリコン野郎、震え上がり必至のサイコあかずきんチャン物語。

出会い系で知り合った14歳の少女ヘイリーと実際に外で会え、
しかも好みで、自分に興味津々の大人ぶりたい利発な子に
ウッキウキ ♪ の32歳のジェフ。



小粋で下心満載な会話を楽しみ、まさかまさかのとんとん拍子で
自宅に連れ込む事に大・成・功! タッタラ〜♪


と思ったのもつかの間、実は罠に嵌ってたのは自分だった!


超・ヘヴィーなガチドッキリだった!


と気づいたときは手遅れ!医学書片手に去勢を迫る少女に失禁寸前!



なんで?! オレあんたに何もしてないじゃん!
マジ何でも言うこと聞くから勘弁してください!
誰か、助けて下さい!とリビングの中心で助けを請うも、
ヘイリーの計画通りに隣人はおらず、助けなんか来るはずもない。



ロリコン死すべし!



と凶悪に迫り来る少女の目的は?
ジェフはマジそんな待遇に値する人物なのか?



ってな感じで、ジェフもロリコンっつーキチガイなら
始末屋ヘイリーも更に上をいくキチガイって感じの男女問答密室劇。





赤”死ね”頭巾ちゃん
 15禁ながら、
 血飛沫バンバンな
 スプラスティックな
 描写は一切なく
 ヘイリーの台詞と
 効果音 (ミチミチ・・・っとか
 肉を切る音っつーの?)
 麻酔と称して施される、
 金玉、氷漬けとか、
 ジェフの恐怖ぶりだけでも
 十二分に恐怖を味わえる
 ホラー演出。















これねー金玉生えてる生き物はマジ竦むねー。
琉球空手秘伝のこつかけ(金玉を体内に隠す技なのだ!)
習わなきゃ!って東西奔走するねー。



まーロリコンなんて性癖は自分のコンプレックスに基づいた
卑劣極まりない性癖なんで、当然矯正できる類のもんではないんでね、
実際に行動起したようなヤツは、とっとと死んでもらったほうが
世のため人のためにはいいんで、正義きどりのサイコだろうが何だろうが
始末するぶんには一向に構わないんだけど、
コレねー、実際のロリコンは対象年齢がヘイリーより下、
あきらかに判断も抵抗もできない子供狙いってのが
どんなホラーよりも怖いね。いや醜悪。



実際の性犯罪者を去勢して社会に戻したとしても、
抑圧された性欲が、攻撃衝動に転化する事を考えたら
現実的には使えないしねー。



地雷原とかに大量放置して駆けずり回って、
地雷撤去させるとかはどうかな?



グッドアイディーア☆じゃね?

2007/07/17 映画 Trackback(2) Comment(7)

カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP