忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/19

怨み骨髄

サユリ/押切蓮介 全2巻 

サユリ / 押切蓮介

全2巻

















圧倒的ばばぁ、参上!!!

なんという怨み節。
胸がすく追い込み、畳み掛ける復讐、報われない理不尽さ。
対スケルトンなあいつ物語 として、
こんなにコンパクトで頼もしいモンはなかった!


駅からかなり遠い、丘の上の中古一戸建てを一括購入した神木家。
今までバラバラに住んでた爺とボケちゃった婆も一緒に暮らし、
心細かった爺ぃ一安心、念願のマイホームで父ハッスル。
2階角部屋を巡り、ハッピー喧嘩の長兄と長姉。
狭いアパートの部屋で皆一緒に寝るのがよかったのに・・・
と初の個室におののく末っ子。

嬉しさにさんざめいていた初日から、引越しの片付けもまだな頃、父急死。
続き、爺ぃが倒れ、すさむ家の中。
最初から、なんか暗いと思っていた家だが、
どうにもインビジブルなモンがいるようないないような。

悪夢にうなされたり、近所の噂好きなおばさんに「ここは呪いの家よっ!」と
因縁つけられたりしてる間に、櫛の歯がかけるように家族が不条理な死を迎え
残されたのは、長男 則雄とボケた婆さんだけ。

あまりのクソッタレスケルトン:サユリのいわれなき陰湿攻撃に心が折れ、
恐怖に慄き突っ伏す則雄の頭をはたいたのは

「ウロウロしてる女が目に付くと思っとが、そいつが全部やったんか?」

との言葉で復活した、昔ッから厳しかった婆ちゃん!

やられ損のまんまでいいんか・・・?と復讐を決め即迎撃体制に入り
あんなか弱いクソ不条理なモンは、生命力を強くすれば負けん!!
との婆さん指導法の元
家をキレイに掃除し、朝からマラソン、きちんとしたご飯をちゃんと食べ
身づくろいをちゃんとする則雄。

ストレスと運動直後の山盛りご飯で食べれない・・・と言おうものなら
「甘えは許さんっ」と一蹴する婆ちゃん。

家の周りにたかる、噂好きの奥様をバットの素振りで一閃し、
それでも付きまとうお祓いしたら?と知った風な口をきくおばさんにビンタ連打し
「祓って済ませるつもりはねぇ」と吼える婆ちゃん。

サユリの正体判明後、供養してやるつもりなんざサラサラねぇ
の言葉どおり、さらに冴え渡る研ぎ澄まされた猛攻撃をかます婆ちゃん。

サユリに対し、償えッッ!!
と微塵の躊躇もない怒涛のラッシュを浴びせるその姿は鬼神!現人神なり!

「安心しろや、則雄・・・ばあちゃんがいつでも助けてやっからなぁ・・」
の言葉と存在感に漂う圧倒的安心感は母神!メシアなり!


レシピをノートにまとめる繊細さもあり、家事抜群。
爺さんを想う乙女心を備え、有限実行の行動力、怨霊の上をいく気迫。
嫁にしたい最強の婆さん!




読むと掃除する事必至。







PR

2011/08/05 漫画タイトル さ行 Trackback(0) Comment(2)

ちくわの手作り縦笛




そっと好かれる/小田 扉 「そっと好かれる」



『そっと好かれる』 / 小田 扉





うわっ!
このタイトル、作家名!


どーしたってヤマイな香りの漂う、
うっすらイってる、クスリ(笑)本。





恋をすると人は誰でも不安定になる・・・


そう、消しゴムに名前を書いて
他人に触られずに使い切ったら両思いv だの


好きな人の持ち物をにハードな接触をしてみたり、


果ては、その片思いの相手の家の方角に向いて、
呪文まがいの台詞を毎夜唱えるなんていう、


もう、不安定っつか挙動不審!ちょっぴりカルティック!な
不穏な行動をペロッととってしまいがちですが、


そんな恋する女の不思議さを、ダルく、
小気味よく、生き生きと描いた、アタッキーな短編集。





脳みそに多分カブトムシが住んでんじゃないかな?
ってな、反射回路で生活してるっぽい、
歪んでるけど猪突猛進な登場人物たちの
縦横無尽な奇行がジャブのように効くぅ!




特に根拠のない妄想からくる絶大な自信を持って
嫌がらせライクなラブアタックを繰り返し
しまいには角山君のリコーダーまでペロッといっちゃう
古野さんの勇猛果敢ぶりには、シャッポを脱ぐ勢いでさぁ!






脳内磁場が歪んで生まれついた乙女たちの
ラヴ☆ワールドで繰り広げられる勇士を拝めっ!






ちょっといい話とかもあったりして、幅ひろいゾ☆




2007/09/05 漫画タイトル さ行 Trackback(0) Comment(0)

こわい目がくるよ






『邪眼は月輪に飛ぶ』/ 藤田 和日郎 「邪眼は月輪に飛ぶ」





『邪眼は月輪に飛ぶ』/ 藤田 和日郎 







主人公が70歳の無骨おじぃという
来たる高齢化社会に向けての輝ける熱き血潮の老人エール漫画!!




災いは気がつきゃ傍に。という感じで、
降って湧いて出た、チョー禍々しいフクロウ・ミネルヴァ。
ミネルヴァに見られた生物は全て死に絶えるという凶悪ぶり。




突如現れた、禍を生物兵器として活用しちゃおうZE☆ジミー?と
マッスルぶりを発揮する、プロテイン大国アメリカ。




ところが、メカニズムすら解らない謎の生物という事を
得意技の自尊で軽んじていたのか、ミネルヴァを取り逃がし、
ミネルヴァが逃げ出した東京では、ハッスルしたマスコミが
ミネルヴァを電波に乗っけるという愚行を犯し、日本はほぼ壊滅状態。




手に負えない、けど魅力的な力は自分の物にならなきゃ抹殺!
他人の手にお前を渡すぐらいなら殺してやる!というマッドぶりを発揮し、
人ん家でドンパチ始めるやりたい放題大国アメリカと、
過去、ミネルヴァを打ち落とした事のある猟師の鵜平と
巫女である娘・輪が打倒ミネルヴァを標榜し立ち上がる!




っつーまぁベテランの手腕がキラリと光る有引力の強い設定に、
熱く、ぶっといデフォルメの効いたキャラクター、
クセっつーかテイスト丸出しな濃厚藤田劇調画面に、
これまた今まで積み上げた匠の技が冴える、人情話。






自然や事象等、見えないものへの畏敬の念を込め、
リズムよくサックリと、でも何かを残すように終わらせるその腕は見事!






THE・漫画日本昔話。 



2007/06/08 漫画タイトル さ行 Trackback(0) Comment(0)

そうであるはずべきの




「サンクチュアリ」原作:史村 翔 作画: 池上 遼一「サンクチュアリ」




『サンクチュアリ』1〜12  
/ 原作:史村 翔  作画:池上 遼一






「漢」


志を持ち、友を持ち、夢を持つ、
そしてそれを果たす為には万難を排し、手段を惜しまない。
そんなアイツにみなベタ惚れ。
おれ、お前が望むなら抱かれてやってもいいゼ!みたいな。




そんな激しい「漢」幻想を持つ男根主義者にはたまんねー
雄汁濃厚な維新物語。




カンボジアの強制収容所育ちという、
ハードコアな生い立ちを持つ男2人が、
表のメインロードと裏のワイルドロードから、
日本を変える!という途方もない夢をかなえる為、
お前は代議士、オレはやくざ、猪突猛進、ゴーイングマイウェイ、
周囲もその熱さにまいり、立ちはだかる者もその熱で溶かし、
とにかくオーバーザートップ!右肩あがりで頂点、目指しちゃうZe!




という、生ヌルい日本に活を入れる、
この去勢された国では到底相容れない変革を望み
アレコレ大人チャレンジしてるもんだから、いや凄いのなんのって。
だって、どんな敵とも目と目で通じ合えるからね。
最終奥儀・友情でこの世の全ては解決できる勢いだからね。
T(ともだち)M(メイク)レボリューションだからね。


極端にデフォルメが効いてるのに、それっぽい登場人物がこれまた!


薄汚いヤツはとことん汚ぇし。(←特にじじいの老醜さは)


沖縄のやくざはさとうきび畑にいるし。(←いないから)


登場の度に女レイプしてるヤツはいるし。(←寒がりか)




極端に動かない絵に、綺麗な劇画なだけにその落差が。
ギャグでやってるわけじゃないっつーのが。


【この国は外圧でしか変わらない国】
それを踏まえて、歴史を鑑みても何度も失敗を繰り返し、
試みた者はことごとく非業の末路をたどっている内政変革。




幼き日に目指した、その頂に2人は辿り着けるのか?
それは聖域たりえるのか?




コブシを握り、涙にじむ熱い革命物語なのに、
なんなのこの人達・・・みたいな、瞠目せしめられる人物の
やんちゃぶりがプッってなるシリアスな話。




とりあえず、政治について本気で再考する。




オ・ト・コ!を強調する読み物にありがちな女の扱いが杜撰なのが、
こいつモテないんだろーなぁ・・・といらん事を想起させるよね。
いや、本質的には全然いらん事ではないけどさ。




2007/04/26 漫画タイトル さ行 Trackback(0) Comment(0)

天使のウインク−☆





11.jpg「11人いる!」




『11人いる!』/ 萩尾 望都







ご存知、漫画史に残るSFモノでジェンダーものの傑作!




全く緩みのない世界観をビッチリ構築しているのに、
ビックリする程タイトで、テンポのいい話の流れ。
ストーリーテリングの妙に、輪をかけて上手いのがキャラクター構成!


特に主役の雌雄同体のどっちでもありどっちでもないという、
暴れん坊美形キャラ・フロルの魅力といったらまぁ!まあっ!まあっ!




宇宙中のあらゆる星系から、秀でた者がその人生やら星やら命運やら、
色んなものを背負って通おうとする、
宇宙の叡智スポットであり、治外法権プレイスな「宇宙大学」
1次試験合格率0.1%という超・狭き門を突破し、2次試験に進んだ10人、
ところが2次試験会場である宇宙船に乗り込んだ数は11人!




うそーん!誰やねん!?何やねん!?




っつー密室ミステリ、犯人はこの中の誰か!・・・か?
ってなサスペンス要素と時間制限付パニック集団心理の恐怖
更にハードル高きお受験とラブコメなんかも混ぜて
ドキドキ☆ハラハラ☆キュンキュン☆でおおわらわ。




タイトル作のソリッドな登場から、
その後譚の政がらみのヘヴィー仕様、
ショートショートのポップな学生生活まで
11人の人物造詣の作りこみと話の構成が完璧なんで、
展開されるドラマは地に足がついててどっしりした構え。


圧倒的なディスイズ漫画!





性別、選べるならどっちにする?



2007/04/20 漫画タイトル さ行 Trackback(0) Comment(0)

カレンダー
 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP