忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/29

サアメヲサマセ






「AKIRA」 / 大友克洋「AKIRA」




『AKIRA アキラ』1〜6 / 大友 克洋





これはもー「漫画」というメディアのある種の到達点に達しちゃった
「AKIRA」以前、「AKIRA」以降っつーぐらい漫画のみでなく
国内外あらゆるジャンルに影響を与えた、
強〜烈!すぎる名作中の名作。




第3次世界大戦後の日本の首都・ネオ東京を舞台にした、
近未来サイキックSFアクション。


元気いっぱいのバイクでヤンチャをかましてる若者達。


いつものように街中を走り回ってる時に、
前に飛び出してきた変な子供を避けて転倒した「鉄雄」


そっから全てが始まります。
えぇもう、ホントに
運ってか間が悪かったとしかいいようがない巻き込まれぶり。


事故現場から姿を消した「鉄雄」を案じる仲間とリーダーの「金田」
ふっと戻ってきた鉄雄は軍の投薬実験を受け、
なんだか妙なコトになってるよ、オイッ!


サイキックパワー炸裂の調子ぶっこきまくる鉄雄と
鉄雄を追いかける軍、
同じく投薬実験された最初にでてきた怪しい子供(?)達、宗教団体、
そして、すべての謎の根源である「AKIRA」を巡ってそりゃもうオオワラワ。




仲間のカタは仲間でつけると参戦する金田達も巻き込んで、
「人」が制御出来ない力に世界中が翻弄され、もー大変。


器以上のモノを盛られて、その力にひきずられる鉄雄がもうなんか、モノ悲しいったら。
思いクソ!やり散らかしてるサマはもう、笑っちゃうけど。ホントやり過ぎ!行き過ぎ!


最初っから最後まで、カンッペキ!
なコマで組み立てられる、濃密な世界観にK・O!!
圧倒的な描き込み、濃すぎる登場人物、
凄腕な展開、もー全部が最高!!




故・手塚治虫が嫉妬したという才能を、
まざまざとこれでもかっ!と見せつけてくれます。


ホント、凄ぇーの! 鳥肌。




コレ、アニメにもなってんだけどアニメはまた別モノとして面白い。
さすがに、この濃密な内容を2時間ばかしにはまとめられんって!


ってか、アキラが1シーンしか出てこないし、ビックリだよ。


テーマは同じだけど、なんかものすごいタイトな仕上がりになってて
「へっ?!」と意表をつく展開。
話に絡む女が3人しか出てこない上に、
そのヒロインであろう3人もまた微妙〜ってか、一人は老人子供だし。


AKIRAワールドずばんっ!な
音楽に動きがある絵ってすげーね。単純に迫力。




「金田ァァぁっ!」 「鉄雄ォォっ!!!」 





とかね。名セリフだもん。


ただ、コミックでは「おい、マジで惚れちゃうぜっ」
(ほんっと、カッコいいったら!)
っつー金田の飄々クールぶりが、
アニメでは見受けられなかったトコが・・・
あと声はなんだか皆あってないような・・・




20世紀の名作。読まずに死ぬな。



 

PR

2005/12/20 漫画タイトル あ行 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP