忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/21

出血系・乙女ロマンス






『BRONZE』 / 尾崎 南『BRONZE』



『BRONZE』 14〜以下続く? / 尾崎 南





最早、続いてる事さえ忘れていた、
ブリバリ少女誌の「マーガレット」で連載中の


現代に残された最後の桃源郷、

(一部)乙女のファンタジー、

どツボロマンス、ボーイズラヴ!


同人誌ではなく商業誌にて掲載されてるっつーのが
不思議なほどの、濃厚BL。
(っつかBLの年齢層って何歳まで値するのか不明ながら、
一応入れてみました。)


少女漫画っていうのは、いかに非日常に!
いかにドリーミンワールドに!読む者を叩き込めるか?
その度数の高さこそが、
少女漫画成分(単位は1キュンv)の高さなんで、


・思いっきりラヴこいてる主役の2人が垂涎モノの美形である


・薄幸なスポーツ少年に強引に言い寄る、
 財閥系の財アリ、力ありの美形でミュージシャン


・十字架やら、天使悪魔モチーフ乱舞のオサレなビジュアル系画面

・一切の生活感を匂わせない、セレブな日常生活と周囲の人々

・それこそ思春期の乙女が血反吐を吐くほど望む「唯一」の演出

・なにより、性行為による生殖の心配が無いゆえの
 エロ=愛のかたちの演出


等、何一つ現実を感じさせることのない本作は、
ある意味ベタな少女漫画。85キュン級。


何でもデキちゃう天才で、顔よし、身体よし(もちろん武道は有段者!)
頭よし、性格悪しのビジュアル系バンドのボーカリスト 
南條 晃司(なんじょう こうじ)


厭世的な晃司が、母親の無理心中で父親は死亡、
自分も深手を負い激しいトラウマを抱える
サッカー少年(もちろん、才能アリアリ)
泉 拓人(いずみ たくと)に惚れた事から始まる


拓人困惑、周囲とばっちりの
俺様・晃司が巻き起こす拓人にZOKKON激情ラヴロマンス!


拓人はトラウマを抱えて人間関係がうまく作れない上に、
女とかに目を向ける余裕もない貧乏生活の苦学生なんで、
色恋に関してはかなり範疇外タイプの硬派なアンチキショウ。


もちろん、ホモの気とかそーいうのも一切なく、
それ以前に、近い人間を作らないタイプ。
そんな、拓人にイケイケどんどんで、まさに粉骨砕身、
時に鬼、常として奴隷スタイルで
あらん限りの手練手管で迫り倒す、
ブリバリ女好き(筆おろしは11歳)の晃司。


そんな2人の関係の推移にプラス、
拓人はJリーガーで晃司はミュージシャンっつー設定から来る
スキャンダルだの、嫉妬だのゆートラブル、
更には名門鬼門な南條家からの晃司憎し!から繰り出される、
金と手間をかけた、刑事事件だよソリャな嫌がらせ。


いやいや、ロミオとジュリエットも
「俺らすっげー甘えてた、もっと頭使えばよかったよ、マジ」
と反省するような障害の数々。


なんと言っても見所は、男前な 受け の拓人と
拓人以外には鬼畜のスレイブ 攻め 晃司に尽きるんだけど、
これねーいいのか?っつーぐらい思いっきりイタシテんのよ。
指入ってるヨネっつーか。
まぁブツは見えないけどそれ、舐めちゃってるよね?みたいな。
18禁指定とか掛からないんだ・・・
とか色々、オベンキョウだってできチャウv 
だって女の子はいつでも耳年増だから!


まぁ永遠の愛とか唯一とか絶対とか
そういったロマンスワードを追求している作家らしく
状態が不安定な感じなんで、連載も不定期な上に、
エンドレスエンド&スタートだとかこの物語にENDがつく事は無いだとか、
どないやねんっ!って展開を迎えてますけど、


BL先駆者でここまで広げた風呂敷をどー折りたたむのか?
オトせるのか?気になるんで、この先がかなり見もの。


今はなんだか、その気になりゃアメリカ大統領の首も挿げ替えられる、
年齢不詳のすっげー天才メガネ美形な謎の人物(なんだそりゃ!(笑)
が出てきて、マスマス混乱を期してます。 




作者、これ一本で一生食ってくつもりだ! 



PR

2006/04/05 漫画 連載中 Trackback(1) Comment(6)

COMMENT

無題

- 説明文があまりにお上手で感動しました!
そう!まさにあの二人の世界観は死んで終わりなんつー甘い夢では終わらせてくれそうにもありませんね。
ロミオもジュリエットも裸足で逃げ出す勢いです。
あの作者は金がなくなると再開させるというトコがあるので、
この先もまだまだ楽しませてくれそうですよね。
拓人が広瀬に向かって下ネタ吐いてましたね……
あんなの俺の奇麗な泉じゃないよ――――

あず 2006/04/06  06:46 EDIT RES

無題

- んまっ!お褒めにあずかり光栄☆&コメントありがとうございます、あずさん。

元々人間離れしていた晃司ですが、過去に乱入等、いよいよ超常現象じみた事までイタス始末。
いやいや、渋谷一家にとって寝耳に水の受難だったり、人死にだったりてんやわんやな14巻でしたが、
ニンジャはねぇよ、それは無ぇ・・・(脱力)
たまにはダークな拓人もどーよ?お嬢ちゃん。って晃司の霊が降りてるよ!あずさん!
(ってか、拓人あんなに凹んでたのに、時間ってスゴイ魔法だネ☆)

白髭 2006/04/06  10:28 EDIT RES

無題

- TBありがとうございます。
記事読ませていただいて的確で的を射た文章に目から鱗でした。そして面白すぎます!><
忘れた頃にコミックスが発売され、「これ一本で〜」というコメントとあずさんの「金がなくなると〜」というコメントにものすごく納得してしまった…。
これの前身の某パロから知っているものとしては感慨深い作品なのですが決着つくんですかねえ…。

日暮 2006/04/06  20:02 URL EDIT RES

無題

- 日暮さん、コメントありざっす! 面白がっていただければ幸いですっ!
こないだ、おっしゃってるボールが友達とのたまう、病的な少年が主人公の某パロを立ち読みましたが、
あまりの拓人と晃司ぶりに思わずタイトルを確認しました。
まんま!まんまでしたよっ!孤児と金持ち!ブカブカ半パンっ!
いやぁ、作者決着着けずに死ぬ気マンマンですよ。魂は永遠って・・・ ぷ〜っ☆

白髭 2006/04/06  21:44 EDIT RES

無題

- 私は中国から来たんです。
日本の漫画が大好きでいろいろ見てきたんですけど、ほんとにここまでせつなくて、感動したのは初めてです。
やさしくて強引で、独占欲が強い晃司。
太陽みたいに眩しくて、負けず嫌いな拓人。
二人は永遠な平行線、でも、この世の誰もこんな二人の間には入れない。
初めてみたboy`s loveだったんですけど、胸の置くまでぎゅっと来る切なくて甘い恋がほんとに、ほんとに真実の愛っていったい何だろうって考えさせますね。
すばらしいものを書きました。
尾崎先生もきっと拓人と晃司みたいに、素敵な方だと信じて日本に来ました。
日本でもうひとつの夢を叶えた時は、勝てながら尾崎先生に会いに行きたいと思っています。もし私に運があれば(笑)

紅子 2006/05/12  01:04 EDIT RES

無題

- 紅子さん、はじめましてー。
へ〜、中国でも「BRONZE」って読めるんですねー、以外。
というか、BLまで流れてるのにビックリ。まぁ女子のエンタメですからね。

紅子さんが、尾崎氏に会うっていうのは割りと簡単に叶うかと思います。
HPで本人主催のイベントの募集とかしてますから。
せっかく日本まできたんだから、思う存分やり倒しちゃえ!

白髭 2006/05/12  13:43 EDIT RES

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :

BRONZE 14巻 感想

- 買いました、「BRONZE」14巻。そして読みました。まだ完結しませんでした。(^^;)今回で完結かなーと思っていたのですが、14巻では、主人公の拓ちゃんと晃司はそっちのけで、周りの人間の愛憎劇ばかりでしたよ・・ぬぅ(; ̄− ̄)...しかも、拓ちゃんと晃

URL 2006/04/05  22:35

カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP