忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/22

それでも消費の一部

-


「ホテル ルワンダ」Hotel RWANDA

「ホテル ルワンダ」



 『ホテル ルワンダ』





知ってるかい?人間の愚かさを。

っつー幾度となく問われた事のあるテーマの
ドキュメンタリー風ヒューマンドラマ。

ルワンダっつー、特に突出した何かで耳にする事もない
貧民国、南アフリカの中でもまーご多分に漏れず貧乏っつー国の、
10日で100万人の虐殺があった事実を元にこしらえられた映画。

もーなんかー、貧乏と最悪の組み合わせ馬鹿の合併症をおこしてて
見てて痛いのなんのって。

もともと政権を取り、優位に立っていたツチ族。
ところが、諸行無常とはいったものでね、その勢いは失墜し、
現在、強力に政権を握り、数的にも圧倒的に優位に立つフツ族。

組み敷かれてた頃の恨み骨髄・・・ってな感じで、
フツ族はツチ族排除に常軌を逸した情熱を傾け、なおかつそれを実行。
ツチ族皆殺しだーっ!!ってんで活動開始。

公共のラジオではツチ族をゴキブリと呼び、フツ族の選民意識をあおり、
ツチを殺すことこそ正義!みたいな煽りがガシ流れし、
ひ〜とりにひとつづつ、切れの悪いナタ♪が配給され、アナログ殺しが横行。

常日頃、西洋人に差別されている鬱屈を晴らすかのように、
だから馬鹿にされるんだよってなフリーキーぶりで殺す、犯す、なぶるの
もうやりたい放題。人間の獣性むき出し。

そんな中、フツ族でありながらツチ族の嫁と家族を守るため、
心ならずもツチ族1200人を守る事になった、
もちろん白人経営の4つ星ホテルの支配人ポール。

そんなポールの奮闘ぶりや、西洋人どもの身勝手さ、
理性ではどうしようもない差別意識の存在なんかを織り交ぜ、
まーえぇ話的にストーリーは展開。

なんやかんやで、虐殺が横行してるのに見てるだけの国連平和維持軍や、
外国人のみ出国させちゃうぞ!な多国籍軍。
そして、ペンって剣より強いけど、被害者がアフリカ系黒人じゃーねー。
ってな感じの列強国メディア。

アフリカ系黒人はニガーですらねぇんだよ!と言わせたり、
脱出できるバスに小型愛玩犬が窓から覗いていたりと、
メッセージ色強い演出。

何よりパンチが効いてるのが、主人公ポールの妻タチアナの不細工さ!
もう何より信憑性があるっつーか、演技に厚みを出してるっつーか
泣き顔とか恐怖に歪んだ顔とかすげぇ説得力ある。

人の恐ろしさと時として見せるその精神性の両面をフューチャーした作品ながら、
実際は全てを金に換算できる、強欲派の西洋白人の気まぐれで国を支配され、
分裂させられたり、憎みあったり、
上手ぁく白人に逆らわないようコントロールされまくられてる
そんなアフリカ黒人の状況が何よりキツイ事実。

脱却するには何が必要なのか? 教育しかねーぞ。

「ホテル ルワンダ」 ルワンダを知ろう!

 ←公式HPはコチラで。

PR

2007/01/31 映画 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP