忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/22

あなたならかまわない



『真夜中の弥次さん喜多さん』

「真夜中の弥次さん喜多さん」



『真夜中の弥次さん喜多さん 』2005 / 日本









これはねーもう、傑作!ベックリしたっ!


マズあれほどコアでレアで確固たる世界観を確立した
ディープで面白い、しりあがり寿の
なおかつその中でも最高峰に鎮座ます
弥次喜多ワールドに手をかけた事に1ビックリ!


あの完成度を前に、映画化に望むっつー、
その、落ち着く場所なんてまだいらねぇゼ!
オレはギリギリで尖ってたいんダっ!ってな
パイオニアスピリッツ!アグレッシブスタイルに
いや、マズそんだけですげぇや!兄ちゃんすげぇや!
と思うことしきりながら!


ら!


見事っ!見事じゃないッスか!その出来!


しりあがり寿の、夢の中のような不条理な断片を
つなぎ合わせて投げつけたようなシュールさと、
すっぴょんぴょんで、ダッフンダーな
超くっだらない笑いのハイテンションのワールドの表現が、
もーすげぇのすごくないのって、マジびっくり!凄ぇ!!


しかもね、それプラス音!
ロックが好きだーっ!大好きだーっ!!
っつーセンシティブなパッションが迸る、
音楽使いの良さ!いやシビリタっ!ビリビリ。




原作にはない、弥次さんの妻エピソードとかもホントよかった。
幻覚きのこBARでの話なんか、思わず涙がポロリ。


ヤク中でリヤルがトンと判らなくなってきた喜多さんと、
愛し合う弥次さんが、二人連れ立ち
ダイレクトメールに誘われ「お伊勢さん」を目指し、
てめぇ探しの旅に出るっつー


お江戸な時代のホモ2人のロードムービーながら、
バイクで伊勢まであと3km!っつーとこまで迫ってみたり、
女子高生ギャルズ☆が出てきたり、レコード屋さんが出てきたりと、
う〜んアクセル踏みっぱなしで、飛ばしてるぅ〜♪


ひげのおいらんといい、
茶屋のおかまなおかみの歌いっぷりといい、
弥次喜多を追う、ダメ臭漂う金金とのみのみといい、
板尾といい、もーね!


イヤーっv好きーっ!!


こーいうの・・・好き・・・・っvvv


っつーツボをやたらめったら、
ベラボウに突かれるようなおいしさに満ち満ちた
♪☆うへはへひゃは☆♪と文句なしに楽しめる、
超・エンターテイメント。


えーっ、喜多さんはこーじゃないー とか、
原作の弥次喜多の愛燦々ぶりには及ばない
愛情表現が物足りないー とか、
もっと、ダークな面も・・・ とか、
思いつつも、もーねグチグチ言ってもね!


粋じゃないから!




Don’t think !! Feel it !!!




てやんでいっ!べらんめぇっ!
てやんでいっ!べらんめぇっ!
てやんでいっ!べらんめぇっ!

PR

2006/06/21 映画 Trackback(0) Comment(6)

COMMENT

無題

- こんにちはー
先日TOKIOのメントレという番組で、中村さんが出てまして
ヤジキタの話もしてましたー(*´艸`)
原作読んでなくても楽しめそうですね!
是非、レンタルしてきたいと思います(。・_・。)ノ

nochu@女医日記 2006/06/21  18:20 URL EDIT RES

無題

- コムバワー☆
原作読んで無くても多分、そのおバカさんぶりにウキウキ☆になると思います!
原作はスッゲぇオススメです!原作からしたら主役2人のヌケ感が足りないんで
ちょっと物足りないんですが、小池栄子が事の他ヨかったです。
茶屋のおかまおかみ、ぐっさんのハジケっぷりはリピート必死!
お前も性転換してヤルぜっ!フヘヘヘッ!←キャア――っ///

白髭 2006/06/23  21:36 EDIT RES

無題

- >Don’t Think.Feel it.

にゃははぁ〜ブルース・リーっすかぁ。
うぅ〜ん、いつか使ってやろうと思っていた決めフレーズ。
日常会話のとらねこのFavorite語録の一つですにゃん。

この映画面白そうですね。
いつか見ます☆

とらねこ 2006/06/24  03:52 URL EDIT RES

無題

- うん!ブルース・リーです。
白髭、ジークンドーを習うぐらい(正確に言うと、習いたいぐらい)
リーを凄ぇ!と思ってるので、うっせー黙れ!という意で、たびたび使います。

キャンプな映画が好きなら、多分気に入ると思いますよ〜ん。

白髭 2006/06/24  21:12 EDIT RES

無題

- 出遅れたっ!てやんでぃべらぼうめぃ!
私もかなり好きな映画の一つでございます〜。
あそこまでディープな原作をよくもまあ纏めたもんだと。
クドカンにはいつもシャッポを脱ぐ勢いで。
研ナオコも最高ですたな。

原作はDEEPの方を廉価版で集めだしたものの、
後半がまだ揃ってませんわ。
振り出しに戻る畳の話もいつかやって頂きたい☆

映画で一番ビックリしたのは冒頭からの男同士の唇チッスでした。

ライチマン1号 2006/06/27  16:52 URL EDIT RES

無題

- うん、研ナオコは賽の河原にピッタリの佇まいで、いい感じでした。
クドカン作品は有名ながら、初めて見たのがコレだったんで、
なんて素敵な一重野郎なんだっ!とトキメキました。

で・も!野次喜多の関係には白髭、ちょっと、ご不満=3
もしかして入ってるっ?!っつうぐらいの濃厚さで丁度いいかと・・・うん、まぁ無理ですね。

原作はかぶりつきで揃えるのをオススメします!もーね、白髭は貪り読みました。

白髭 2006/07/01  09:40 EDIT RES

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP