忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/19

YOUはSHOCK!!!

- 『ゲド戦記』 ヒロインズ


 『ゲド戦記』 2006 / 日本











端的に言うと『ゲド戦記』最高!vvv
したたか爆笑!あのダイナミックな演出に!やるな、吾朗!

多分ねー、いい話と思って観たヒトはおかんむりじゃねーのかなぁ?
コレねー、まじめな話の皮をかぶった、吾朗のいたずら作ですよ。

いきなりオープニングで国政に励む親父を、物陰に潜み背後から刺殺した主人公・アレン。
挙句、帯剣していた刀を奪い取り、逃亡という強盗殺人を敢行。うーん大胆!
もちろん、着の身着のまま、無一文で家出っつー計画性のなさ(ここらへんボン性分丸出し)
狼?に集団で襲われ、逆ギレてるトコを大賢人ゲドに救われ、上げ膳据え膳のヒロインポジションに!

「ゲド戦記」 コレでグッときた人多数!アレン そう、どーみたってアレン少年は受け・・・いやヒロイン!
 厄介な事情を抱えてるヤバ気な方が、よりヒロイン率が高いように、
 アレンも、ドッペルゲンガーに追われてみたり、
 精神が不安定だったりとそこら辺はバッチリ!
 ジブリヒロインに必須の「高い塔から、キャッチミーvジャンプ☆」も、
 「巨大生き物にライドオン☆」も「屑折れ失神」もモチロン「姫抱っこ」も
 な・ん・な・く、クリア!


そしてね、案の定っつーか当然の如くっつーか、悪者のクモ様にさらわれる訳ですよ!

こっから!こっからが、吾朗マジックの真骨頂!

いやー、登場シーンから胡散臭かったクモ様がね、マジ凄ぇの!
新弟子検査に備えてシリコン入れちゃった?っつーぐらい頭が尖がってたからね、
あいつはヤル!やってくれる!とは思ってたけど、その炸裂ぶりたるや期待以上!

なんかークモさま当初は、まー雰囲気美人?闇系のタチ悪いスレンダー女だったのがね、
クライマックス、追い詰められて本来の姿に戻るんですよ、それが老婆。
で、老婆はいーよ、普通。だけどね、その老婆が!いつのまにかもの凄いガタイのマッチョ派に!!
アレ?なんか観てるアニメ変わった?っつーぐらい武闘派。胸に七つの傷とかあってもおかしくない。
ってか、アレは秘孔突かれてた。もう「うわらべっ!」とか「あべしっ!」とかなってた。

そして、野原で自分の歌を独唱してる暫定ヒロイン・テルーを浚ってアレンの前から逃げるんだけど、
それがねー徒歩!よっぼよぼのマッチョな婆ぁが、若い娘を抱えて1歩1歩ゆっくり逃走。
ボケたのか頭が悪ぃのか、追いかけてくるアレンに対して、城の階段丸ごとぶっ壊すとかゆー、
大技の魔法を繰り出してるのに、ヒーヒーいって徒歩で逃げるって・・・。なんかもう気の毒で・・・。

親父を殺し、今の今まで全力で現実逃避してたアレンに説教カマサレルも、聴く耳持つはずもなく、
魔法使いなのに、魔法使いのくせに!魔法使いの分際で!!!
テルーをフロントチョークで絞め殺すという荒業を披露!

もうね、白髭、限界でした。ここで笑いが堪えられなくなって連れを巻き込みました「誰コレっ?」(爆)

だってね、顔が老婆で体は70年代少年漫画の悪役の如きマッチョっ!
そして、少女にフロントチョークカマシてんだよ?!しかもそれで殺したし。
クモ様じゃないっ!こんなのっクモ様ってかジブリじゃないっ!どーみたってヤンマガ!座敷女だよ!

ホントこっからが大変で、すんごい静かな映画館で連れと2人笑いを殺すって必死。
腹いてーって我慢してるのに、画面では畳み掛けるようにクモさまとその他が大暴れ!

うわーっ!クモ様ーっ頭髪が抜けたーっ!!結構なバサり具合!!止まんねぇし!
ってか、エーッ!お前、龍だったん?!(じゃー最初っからさー助けようよ・・・)

とかね、もうメチャクチャ腹筋が痛ぇのなんのって・・・なぜ皆笑ってないかが不思議。

その後も、突っ込み待ちみたいなネタを連打してきて、チャンチャン−☆って終わるんだけど、
もーね、エンディングで♪こーころを何に例えよう?とかのん気コイてる場合じゃないから。

親父の傑作の名場面をね、これでもか!とばかりにフンダンに折込、なおかつパロって、
ギャグに仕上げジブリクオリティに収めるその手腕・・・っ!!!かなりの力量ですよ!
突っ込み必至なタイトル設定といい、なっかなかのクワセ者だぜ、吾朗!

なぜ、自ら茨の道を・・・?と思ったけど、結構なシタタカさと腹黒さが垣間見えて、
ちょっとWAKU☆WAKU☆ マジ次回作が楽しみ!

いやー泣いた。

PR

2006/08/27 映画 Trackback(27) Comment(12)

COMMENT

無題

- 白髭さんのレビューというか激烈カマシを真面目に拝聴しておりましたら、トンでもなく見たくなってきたオイラです。
完全スルーで、「はいね最高」と思っていたのですが、やはり見るべきかな。
白髭さんにもTB出来るしねー★*^^*

とらねこ 2006/08/28  02:41 URL EDIT RES

無題

- 私も観ました!
首輪属性+あの表情に、全国の腐女子のハートは鷲摑まれたかとっ(;゚皿゚)!!
ヱ?君、龍なん?とは誰もが感じた疑問かと思われます。
それに、ゲド弱すぎ。
姫か!?っつーくらい、役立ってないですよね。

nochu 2006/08/28  09:49 URL EDIT RES

無題

- 違うよ!白髭のカマシじゃないよ!吾郎のカマシ(しかもハイパー!)だYO☆
いや、ホントねぇこれは必見!多分とらねこ3は楽しめる党だから!
親殺しの強盗殺人犯のアレンのノンキぶりと、周囲のネジゆるみぶりを
トクとご覧あれ!んで、TBしてしてー♪

白髭→とらねこ3 2006/08/28  11:04 EDIT RES

無題

- んねっ!あの顔っ!もーどうみたって誘ってるよね!
脳にお腐れ様が住むわが身としては、ちょっと前かがみでしたよ!
姫ーズv(ゲドとアレン)のキメへたれぶりといい、
女性陣の強面ぶりといい、攻め具合といい、やぶれかぶれさ加減といい、
ご、吾郎・・・?と胸キュン−☆と爆笑の嵐に翻弄されまくりました!

白髭→nochu3 2006/08/28  11:53 EDIT RES

無題

- ひぇー!!腹痛ぇ(爆)!!
私も白髭さんのレヴュ読んで、いきなり見たくなったクチです!
カラダが少年週刊ジャンプなクモさまのお声を当てるのが、
あの田中裕子女子デショ??
なんか、トンでも傑作の誕生かも〜??
宮崎家では母の権力が絶大なのかもよ、案外。

Avich☆ 2006/08/28  20:40 URL EDIT RES

無題

- こんにちは♪
TBありがとうございました。
そっか、吾朗氏のイタズラ作と見れば腹も立ちませんね!
あのアレンの首輪姿、ちょっとヤバいと思ってたんですよね〜(笑)
しかも起こった時の顔はいきなりウメヅカズオ風に怖かったし、どーなってたんでしょうか?

ミチ 2006/08/28  21:36 URL EDIT RES

無題

- TBありがとうございました。
DVDになったら・・・じっくり突っ込み鑑賞させていただきます(笑)
そっか、 試作かぁ・・・いたずらかぁ・・・
説得力ありますねぇ(笑)

にゃんこ 2006/08/29  08:16 URL EDIT RES

無題

- はじめまして!TBありがとうございます♪

映画そのものより、白髭さんの話の方がおもろい!!
楽しく読ませて頂きましたー(≧▽≦)
そうそう、クモはあー見えて男らしいですよ(笑)

スイ 2006/08/29  09:30 URL EDIT RES

無題

- >Avich☆さん。
コーレーはねっ!マジ必見!
上記事以上に、突っ込むべき箇所がありすぎて、
吾郎とのサドンデスバトルの如き様相だから!
「おらっ!そんなもんかよっ!お前の本気はYO☆」って感じ。
白髭、吾郎に乾杯−☆です。ヤツは絶対狙ってるZE☆

白髭→Avich☆3 2006/08/29  21:41 EDIT RES

無題

- >TB&コメありざーっす!ミチさん。

ですよね!アレンのアノ首輪姿のしどけなさ・・・白髭マジ鼻血でした。
そんなプリティーvボーイアレンの顔にね、リアル顔しわとかマジいらねぇ。
アレンのつや肌を返せっ!アレンを大事にしないやつはキライだっ!
と思いましたよ。アレも吾郎の突っ込み待ち演出の1つです。きっと。

白髭→ミチ3 2006/08/29  21:49 EDIT RES

無題

- >コメ&TBありざーっす!にゃんこさん。

いやいや、DVDと言わず、ぜひ劇場に!
吾郎のトリッキーパンチを喰らいに、大画面でクモさま鑑賞を!(笑)
かくいう白髭ももう一度(で済めばいいけど)行くヨ・カ・ン☆

白髭→にゃんこ3 2006/08/29  21:54 EDIT RES

無題

- >スイさん、コメTBありざーっす。

そう、クモ様は登場からマッチョでした!
最初らへんに、窓辺でたそがれるクモ のシーンがあるんですけど、
まだ美人?スカシた設定にも関わらず、大またのガニ股で仁王立ち!でしたからね!
もう、雰囲気、台無し!女のコはムードが大事なんだゾ!ぷんぷんっ☆
って気になりましたもん。吾郎はやっぱ伏線張ってんだもん、見事!

白髭→スイ3 2006/08/29  22:05 EDIT RES

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :

映画鑑賞記「ゲド戦記」

- 鑑賞日:06.08.11 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16スタジオジブリ制作。監督には宮崎駿の息子、宮崎吾朗。「ゲド戦記」原作者アーシュラ・K・ル=グウィンから映画化のオファーを直接受けたというほど、ファンタジー・アニメ映画の力量が評価されてい

URL 2006/08/28  21:33

映画「ゲド戦記」

- 映画館にて「ゲド戦記」アーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」シリーズを、スタジオジブリが映像化したファンタジー・アニメ。原作は未読です。なので、全ストーリーのどのあたりを映画化したのか全く分かっていない上での感想です。世界の均衡が崩れ始めて

URL 2006/08/28  21:34

ゲド戦記

- 『TALES FROM EARTHSEA 』公開:2006/07/29監督:宮崎吾朗原作:アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)  原案:宮崎駿声の出演:岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫、夏川結衣、香川照之、内藤剛志、倍賞美津子、 風吹ジュン、菅原文太

URL 2006/08/28  21:35

ゲド戦記/岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、香川照之 、菅原文太

- ゲド戦記ってゲドが主人公じゃないんだっけ?アレレ?最初だけなのかな?+++ちょいあらすじ

URL 2006/08/28  21:58

ゲド戦記

- 見えぬものこそ。2006年 日本監督 宮崎吾朗 声の出演 岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫 /夏川結衣 /香川照之/内藤剛志/倍賞美津子/風吹ジュン/菅原文太 原作 アーシュラ・K・ル=グウィン あらすじ多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む

URL 2006/08/28  22:04

ヘド戦記 「ゲド戦記」

- 評価:50点ヘド戦記:「ゲド戦記」を見てあまりの凡作っぷりに、何のスキルもない息子を強引に監督に据えた鈴木プロデューサーに対してヘドが出た男の感想決めゼリフ:ジブリを大切にしないやつなんて大っ嫌いだ前評判ほどの駄作とまでは言いませんが、かなり

URL 2006/08/28  22:09

ゲド戦記<試写会>

- 試写会で観てきました。スゴイ人出でした。<日比谷公会堂>原作:アーシュラ・K・ル=グウィン 『ゲド戦記』シリーズ脚本:宮崎吾朗 丹羽圭子音楽:寺嶋民哉プロデューサー:鈴木敏夫監督:宮崎吾朗作画演出:山下明彦 作画監督:稲村武志美術監督:武重

URL 2006/08/28  22:42

ゲド戦記

- ○TALES FROM EARTHSEA ○ファンタジー/ドラマ[◆◆◆◆◇◇4/6] ○2006日本/115min/スタジオジブリ・東宝/公開2006/07/29 映画館に行くたびに、予告編で「テルーの唄」を聴かされたせいでしょうか、「ゲド戦記」という物語のあらすじしか知らず、キャラクター

URL 2006/08/28  22:53

ゲド戦記・・・・・評価額1050円

- 「指輪物語」「ナルニア国物語」に並ぶ三大古典ファンタジーの一つ、アシューラ・K・ル=グィン原作の「ゲド戦記」シリーズ初の映画化・・・・ではない。一応、原作の三巻「さいはての島へ」をベースとしてはいるが、はっきり

URL 2006/08/28  23:46

『ゲド戦記』

- ----この映画って話題だよね。なんと言っても宮崎駿を父に持つ宮崎吾郎が監督している。「うん。しかも彼が第一回監督作品として選んだのが『指輪物語』『ナルニア』と並び称されるファンタジー文学『ゲド戦記』というんだから、嬉しいような悲しいような」----な

URL 2006/08/29  00:40

ゲド戦記

- ジブリ最新作は父駿から息子吾朗に世代交代の第一作「ゲド戦記」原作は「指輪物語」「ナルニア国物語」と並んで超有名なんですってね。私はどれも原作を読んでいませんが。今回は期待半分と、がっかり覚悟半分で観て来ました。★★★“宮崎アニメ”という括りで言

URL 2006/08/29  01:37

ゲド戦記☆独り言

- 夕やみせまる雲の上いつも一羽で飛んでいる鷹はきっと悲しかろう音も途絶えた風の中空をつかんだその翼休めることはできなくて心を何にたとえよう鷹のようなこの心心を何にたとえよう空を舞うような哀しさを手嶌葵の唄が心に響きました・・・う

URL 2006/08/29  07:26

映画「ゲド戦記」

- いつの間にか、今日から8月。すっかり忘れてました、暑中見舞い。さて、この間の日曜に「ゲド戦記」観てきました。自分の感想を書く前に、ちょいと検索してみたんですが、何とまぁ!ジブリ作品とは思えないほどの酷評の数々。賛否両論だとは聞いてましたが、ビッ

URL 2006/08/29  09:32

ゲド戦記

- 深みに欠ける部分はあるけれど,絵画的な背景で展開される人間ドラマが,ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り,響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。

URL 2006/08/29  11:23

『ゲド戦記』・試写会

- 今日は某出版社で当選した 『ゲド戦記』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 本

URL 2006/08/29  23:08

ゲド戦記

- ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。とは言っても原作は未読。f(^^;)しかしいきなり評判悪いですね、この作品。( ^ _ ^;でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。多島海世界「アースシー」。人間界には現れなかった竜が現れた。

URL 2006/08/30  01:42

ゲド戦記

- 生と死。人が生きる上での永遠のテーマなのであろう。心の奥深くに潜む影のようなもう一人の自分の存在との対峙を見せてくれた。原作を例によって読んでいない私はゲドの戦記のはずなのだろうと単純に思っていたのだけど、ウェイトはアレンの方に随分と傾いているよ

URL 2006/08/31  21:22

「ゲド戦記」を見た。

- 「ゲド戦記」を見た。 見ようか見まいか考えているヒトは、遅かれ早かれ見たほう がいいと思うな〜。 内

URL 2006/08/31  21:36

ゲド戦記

- 白髭さんのレヴュを読んで、ムショーに観たくなりました!ワッハッハ☆なぜなら。私は…堂々とやる「イタヅラ」が大好き☆だからだ(爆)。(執拗なのと、陰湿なイタヅラは大っ嫌いだが。)初めに言っとくと。宮崎吾朗が、この作品を初監督するに当たり。ジ

URL 2006/09/01  21:38

『ゲド戦記』2006・7・30に観ました

- ?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』  公式HPはこちら ←クリック●あらすじある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は、道中

URL 2006/09/03  12:42

ゲド戦記

-  宮崎吾朗監督第一作作品。と銘売ってますが、誰!?と思った人は多いはず。スタジオジブリの新作という事もあって、劇場は混雑していました。 舞台は多島海世界“アースシー”世界の均衡が崩れ始めていると異変を感じ取った大賢人ゲドことハイタカ

URL 2006/09/05  16:57

ゲド戦記

- ゲド戦記見てきました。この映画は、公開前から現在に至るまで散々な目にあってますね…各所で面白くないと批判され、評価が甘口な友達からも面白くなかったと言われる始末。そんな訳+この間見た記事(『ゲド戦記』が宮崎吾朗監督でなければ

URL 2006/09/06  22:43

ゲド戦記

- ゲド戦記は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説「ゲド戦記」を原作とした長編アニメーション映画。

URL 2006/09/16  15:13

ゲド戦記

- 「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15 公開 2006年

URL 2006/09/17  13:36

ゲド戦記

- 夏休みに従妹と一緒に観てきました。アニメ作品は今年初です。監督  宮崎 吾朗声  岡田 准一  手鷲 葵  菅原 文太  田中 裕子  香川 照之   風吹 ジュン  内藤 剛志  倍賞 美津子  夏川 結衣  小林 薫ストー

URL 2006/09/27  01:01

夏川結衣さんのお名前は【良運の命名】

- 「ゲド戦記」では声の出演で王妃役をされました。夏川結衣さんは、1991年のユニチカ水着キャンペーンモデルから女優になられた方です。夏川結衣さんのお名前は・・・。【 夏 川 結 衣 】 10 3 12 6合計画数は31画、【成就運】です。人...

URL 2007/01/06  23:49

無料生命判断

- こんにちは!恋愛のすべての美樹です。 遠距離恋愛結婚のカップルですが、何度か破局になりかけた頃、無料恋愛占いを色々と探していたんだって。トランプでできる無料恋愛占いなんて、とっても簡単にできるし、それでいて信頼度も高くて、いいんだよ〜って

URL 2007/02/26  19:46

カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP