忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/21

鬼きたりて






「YASHA 夜叉」 / 吉田 秋生「YASHA 夜叉」




『YASHA 夜叉』 1〜12 / 吉田 秋生





「遺伝子操作」とウイルスというありがちな題材を
取り扱いながら、スイスイよませ、かつプロットがしっかりした
ハードボイルドdeロマンスフルな規格外少女漫画・傑作。




沖縄の離島で暮らす小学生・静の
穏やかで太陽の匂いがする生活から幕をあけ、


一転、血と硝煙が立ち込める陰惨かつダークサイドな世界に引きずり込み、
最後まで休むことなくたたみ込むストーリーはさすがっ!!




遺伝子操作により誕生した人類を超越した能力を持つ双子「静と凛」



静はその生い立ちを産みの母に隠され、
研究所に見つからない様に最新の注意をはらわれ、
愛情に包まれ、環境にも恵まれて穏やかな幸福の中に育つ。


研究所から母が逃亡して以来探し回る、雨宮に見つかるまでは。




凛は受精卵から誕生した「新人類」として
日本国内で絶大な力をもつ雨宮家のカードとして
当然の如く肉親愛などには恵まれず、
その能力を最大に発揮できるような教育を受け育つ。


アメリカの研究所で誕生した「受精卵」から始まる、
権力と金、欲と愛情、に満ちた
サスペンスフルでセンチな内容にもードッキドキ。


人類に2人しかいないが、誰よりも憎く
誰よりも自分に近い 静 を憎悪する凛の葛藤。
双子ゆえに特異なテレパス能力を持ち、
お互いがダイレクトに理解できてしまうが故の理解と反発。


最高の能力を持ち、人類を掌握しようとする凛の狂気と絶望。


その凛と共にどこまでもあろうと決めた、尊


凛の心情を理解はできるが、大事な周囲の人を守ろうと凛と対立を決めた静




日本国内にも関わらず、バイオハザードや
パチパチドンドンな銃撃戦っつー非日常が舞台ながら、
骨子が「明暗をわけてしまった双子」に置かれている為、
足元がしっかりしてて、骨太。


しかも、墓に連れて行きたい超名作
「BANANA FISH」に出てきたシン=スウ=リンが、
大人になって出てくるオマケつき!


あいかわらず、ナイスポジションで
おいしいトコを持っていくイイ男っぷり! アアンッ///




「BANANA FISH」は越せない
(もう別枠だよ)ながらも、こーれーは名作!





さて、本当の夜叉は誰だ?







 

PR

2006/01/08 漫画タイトル や行 Trackback(0) Comment(2)

COMMENT

無題

- 白髭さん今年もよろしくです。
”BANANA FISH”を越えられなくても、
”夜叉”は静が出ているだけで、
もう不朽の名作です!
静、かっこいい。
でも、心情的には凛にひきつけられます。
何とかならなかったのかな、この2人は。

このあと続く”イヴの眠り”には、
シン・スウ・リンの息子が登場します。
どこまでも続く”BANANA FISH"の輪です。

haratudumi 2006/01/08  18:15 EDIT RES

無題

- haratudumiさん、こんにちわ〜。
いやぁ、静カッコイイっすよねー。凛は哀れでした(泣)
でも尊がいてくれてホントよかった。尊の腹のくくりっぷりには惚れました!
「イヴの眠り」も好きです。ナニゲに気になったのは英二です。
「BANANA FISH」はホント名作すぎて・・・

白髭 2006/01/09  11:14 EDIT RES

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP