忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/12

てぇへんだ、てぇへんだぁ!






「赤ちゃんと僕」 羅川真里茂『赤ちゃんと僕』




『赤ちゃんと僕』1〜18 / 羅川 真里茂







タイトルどおり赤子と子供が出てくる話。
子供と動物を出して、ちょっと不幸な目に遭わせてみたり、
アレコレさせるっつー安い狙いモノとは一線を画す、
ほのぼのお笑い子供子育て奮闘記。


交通事故で母親を亡くしてしまい、
小学生ながらに弟の面倒、家事を見ざるを得なくなった
気の毒な長子・拓也とその弟・実 を中心に据えた、ハートフル家庭ドラマ。




こーれーでーもーかっ!っつーぐらい
泣きのポイントを畳み掛けてくるようなエピソードがてんこ盛りながら、
狙い定めたような安い演出になってないのは、
登場人物の描写がしっかりしてて骨子が太いから。


そしてガキでどーのこーのではなく
テーマが「家族」と明確に打ち出されてるから。


なおかつ可愛いだけのチャライお話だけじゃなく、笑えるしね。




突然、母親を失い悲しむ間もなく、
家事に育児に学校にと圧倒的な現実問題に
振り回される事になった拓也の葛藤はもとより、
伴侶と定めた、愛する人を失った父親、
そして夫婦になるまでの2人のエピソード、
周囲の人間とそのバックボーン、子供間の関係性 等


拓也と実だけでなく周辺からしっかり固めてあるので、
なおさらひきたつとゆーか、お涙頂戴のこれ見よがしに
泣けっつーちゃち臭ぇ内容になってない。


小学生なのに、お兄ちゃんって言葉で
実の親にならざるを得ない拓也の理不尽な状況が・・・


お兄ちゃんでしょ、お姉ちゃんでしょ!
と言われ事でクソッ!と思った事のある人なら
わかるっ!わかるぜーと膝を打ち、
でも憎いだけじゃない下の子の存在っつー表現がもー見事!
実もねー、クソ忌々しいだけじゃなくて、また可愛いのよ。




てかねー遊びたい盛りの子供期に子育てなんて無理だもん!
ってか子供だもん!遊ばせてよ!


必要以上に大人になってしまった苦労性・拓也の
これからの人生に思いを馳せつつ
子供ってか人間を育てるってーのは
ホント一大事って事がヒシヒシと伝わる


子供嫌いでも、最終巻 エヅキ号泣必至!の
なまじな育児書よりもよっぽどイイ マジ名作。
ほんとね、ウぶばっっ(号泣)てなるから。




男女、子どもの有無に関わらず、読んどいた方がイイ!マジで。





 

PR

2006/02/19 漫画タイトル あ行 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP