忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/22

輝ける星




『シリウスの道』 / 藤原 伊織


 


いやぁ〜っ、いい話でした! 
ホントにこんな人が上司なら、会社勤めも悪くないなぁ 。プヒッ と
読後、3分ぐらいは勘違いさせてくれるぐらい!いい本でした!



内容は、大手広告会社に勤める主人公「辰村」がいる部署が、
ある日、でっかい案件を受注すべく、クライアントから直・指定をうけます


「そんなん、内政干渉やんけー」とか


「ボケー、今までそのクライアントの担当だったんは、こっちじゃー!」


「どんな、つもりじゃいっ!!」



とか、そりゃあもう、社内は大わらわ。




辰村もなんか嫌な感じーとは思いつつも、
「兵隊は言われた事をやるべし!」(クゥ〜ッ!シビぃっ!! )
と、その案件を落とすべく、社内外と戦闘開始!


とまぁ、広告業界の内幕と、社内のいっやらしぃ派閥争いから、
新人奮闘記、デイトレード、を舞台に、
メインである「辰村、幼いころの記憶」が展開。



もう、ねぇ、これが!
そこはかとなくただようセンチメンタリズムに「あぅあ〜。。。」なんですわ!
藤原 伊織節っつーの?
甘い郷愁っつーか、「心の中で一番輝いてる事」を大事に思うトコっつーか
なんか、その「大事にしてる感情」つーのが、こー淡いのに強くてもー
あごがジワジワな感じなんですよ!




今回は、伊織ブレイク作品「テロリストのパラソル」との絡みもあったりして、
なんか、「おっ!」とちょっと得した気分!


 
別に「テロリストのパラソル」を読んでなくても、十分面白いんで
デイトレードに興味アリアリな人にもオススメ 。


 
・・・・そして、かなりショックな事に、作者の藤原伊織氏が
近々、死んじゃうらしいんですよ。 ガンで。 



知ったときは、「マジかよっ?!」と半ギレでしたが、
今はもう、残念で、残念で・・・(ってまだ全然生きてますよ)



本人のコメントが文藝春秋に掲載されてて、


「皆から、どーしたの?って聞かれて
いちいち説明するのが面倒なので、寄稿しました。
どーやら、ガンです。もーすぐ死にます。
っつーか、ハードボイルド気取ってる訳でも、斜に構えるわけでもなく、
別に〜どーせいつかは、死ぬし。ま、しょーがないよね。
マージャンが楽しいです。」



みたいな事が書いてあるんですよ!
(もちろん、文は全然違います)


そりゃ、そーだけどさー。。。。
ただでさえ新刊が待ち遠しい作家なんてあんまりいないのに、
新刊どころかフェイドアウトなんてさー、あんまりじゃないのー?!
と、本人には関係のない事で愚痴りたくもなります。
それぐらい、ショックなんです。



本人と周りの人にとっては
ふざっけんなっ!つーぐらいの軽い愚痴ではありましょーが、
でも、「好き」といえるものが減ってしまうんです。
そりゃあ、悲しいよ。許してよ。



・・・・・・・はぁ。。。。





PR

2005/07/28 小説 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP