忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/29

はぁっ・・・はあっ・・・


 
『そのケータイはXXで』 /上甲 宣之



最初っから、よーいドンっっ ! でスタートしたと思ったら
最後まで、全力疾走!! 
これでもか、これでもかっ!! っちゅーよーな、たたみかけの連続!!
なんともサービス精神旺盛なミステリィ。




最近、彼氏に二股かけられて関係に終わりを告げたしより
これまた、最近仲良くなった、明るいがウりの年下の友人愛子が発案で、
傷心旅行(←って今も存在してるの?ププッ なら行き先はやっぱ能登でしょ!)
で、なんかふらっと立ち寄ったガイドブックにも載ってない「阿鹿里温泉」
愛子のいつものわがままで行く事になったものの、しよりは気乗りしません。
案の定、ケーブル乗り場では地元じゃない駅員に




「えーっ!やめといた方がいいですよー。」と言われ 
 (この時点でわしは帰る)



 
ケーブルカー内では眼帯をつけたブスめの女に愛子が
 


「あんた犬、犬でしょっ!ケケッ!!」といちゃもんをつけられ 
 (ほら、引き返せ!引き返せって!)




到着した村では、村民の感じ悪いは、
店1件開いてないは、腐臭はするわで、
あからさまに楽しくなさそう! (もーだから帰れって!!)


 
やっと辿り着いた旅館では、「ヒヒヒ〜ッ」と笑う老婆が仲居で妙に高圧的。
(げんなり・・・・げんなりだろうっ!金払ってそんなトコ!)




ふとんの中からでてきた小汚い携帯  がピリリリーとなり、開始の合図を告げる



「逃げろっ!脚を切られるぞっっ!!」 (ひいっ!! )




なんでも、このクソ田舎の村ではよそ者を「生贄」にする風習が残っており、
今日がその祭りの日で、片目、片腕、片脚を切り落とし土間に閉じ込め、 
「生き神」にするという・・・  (アブバブバッッ・・・・・ !)
助かる方法は、このバッテリー残量の怪しい携帯電話だけ・・・

 

ちょっと説明過多な文体が、つっかかりはしたけど、
たたみかけロールオーバーな演出で何とかクリア!?
なにより「八つ墓村」やスティーブンキングを彷彿とさせる、
田舎恐怖がケッコーよかった!



そして、夢見がちなしよりの勝手な思い込みによるオチのつけ方も
まぁリアルティックでしわくて素敵 v


(オマエなぁ、命助けられた挙句にさっきまでメロメロだったくせに・・・
まぁ気持ちはわかるっ!残念だけど世の仕組みだよ )

 



 

PR

2005/08/02 小説 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/23)
(01/18)
(01/18)
(06/28)
(08/18)
 
 
アーカイブ
 
 
 
探し物は何ですか
 
 
 
忍者アナライズ
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
[01/11 とらねこ]
[12/14 白髭→とらねこ]
[12/13 とらねこ]
[11/23 白髭→とらねこ]
[11/23 とらねこ]
 
 
リンク
 
 
 
最新トラックバック
 
(06/11)
(04/05)
(03/11)
(01/12)
(12/10)
 
 
バーコード
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
白鬚コンタクト
 
Powered by SHINOBI.JP